一般歯科|板倉町の歯医者さん、村井デンタルクリニック。板倉東洋大前駅より徒歩2分

自分の家族を診るようなやさしい気持ちで接します

0276-80-4188

診療時間:10:00〜19:30 / 休診日:水曜・日曜・祝祭日

一般歯科

村井デンタルクリニックの虫歯治療への取り組み

当院の虫歯治療は、いきなり歯を削ることはしません。さまざまな検査を通じて患者様のお口を精密に分析し、判明した結果から適した治療と予防を提供いたします。痛みが強い場合は処置を優先することもございますが、二度と虫歯に悩まされない状態をめざして、患者様と二人三脚で治療に取り組みます。

虫歯が改善した後は、予防をメインにした治療をご案内し、いつまでも健康で清潔なお口の環境でいられるようにサポート。地域の頼れるかかりつけ医として、今後も一人ひとりの患者様に寄り添い、同じ目線に立った丁寧な治療でお口の健康を守ります。正しいセルフケアの方法の指導やアドバイスもお任せください。

「歯が急に痛み出した」「歯の表面が黒ずんでいる」などは、虫歯の症状が疑われます。そのような症状を我慢せず、すぐに当院へご相談ください。

口腔内の状態を客観的に把握するために唾液検査を行っています。

適切な虫歯治療を行うためには、患者様の口腔内の状態を知ることが欠かせません。当院では虫歯治療の前に、患者様の唾液を採取して唾液検査を行います。専用の検査キットを使用し、唾液から細菌量や歯の酸性度などの虫歯リスクを分析。検査から明らかになったリスクに応じて、オーダーメイドの治療プランと予防プログラムをご案内いたします。
リスクが明らかになっているからこそ、必要な治療や気をつけるべき点を明らかにでき、再び虫歯にならないお口の環境をめざせるのです。

レーザー光でカリエス(虫歯)の状態を数値で管理

虫歯の検査には、虫歯の状態を数値化できるダイアグノデントペンを使用。歯に当てたレーザー光の反射を利用し、虫歯の位置や深さを知ることができます。従来の虫歯治療では、目視で虫歯を判断して削っていましたが、その方法では健康な歯まで削ってしまうリスクがありました。ダイアグノデントペンなら、そのような心配がほとんどありません。数値化したデータを参考に、適切な虫歯の処置ができます。
場合によっては、削る量をできるだけ抑えた虫歯治療が可能となるケースもあり、虫歯から大切な歯を守ります。

痛みや不快感のない麻酔を行っています

村井デンタルクリニックでは、患者様に痛みや不快感をなるべく与えない治療を目指しています。
病気の状態や患者様のご希望に合わせて麻酔を行います。
そのために治療についてはできるだけ詳細に説明することを心がけています。

また、麻酔を行う際には、針を使用しない無針麻酔やレーザー麻酔、コンピューター制御により圧を一定に保つことのできる麻酔器を使用するため、痛みや不快感はほとんどありません。

よくあるご質問

Q
虫歯の原因は何ですか?
A
プラークが原因です。「脱灰」(プラークによって歯のミネラルが溶かされる症状)と「再石灰化」(唾液が歯の表面を中性にして、唾液中のカルシウムやリンを取り込み健康な歯に戻す)のバランスが崩れ、プラークによって歯の表面が溶かされ続けることで虫歯になります。
Q
プラークとは何ですか?
A
ミュータンス菌などの細菌が集まったものです。
プラークが虫歯や歯肉炎の原因となります。
プラークは歯垢とも言います。
Q
X線撮影は安全ですか?
A
歯科X線撮影の放射能量はごく微量なのでご安心ください。
ただし、妊娠されている方はお知らせください。
Q
虫歯はどのように進行するのですか?
A

虫歯の進行状況を表す際に、C1、C2などという言葉を使います。

  • C0(シーゼロ) 十分なケアをすれば虫歯にならずに済む状態でが、虫歯に進行する可能性が高いです。
  • C1 痛みはほとんどありませんが、歯の表面のエナメル質に小さな穴ができます。
  • C2 エナメル質の奥の象牙質まで虫歯が進行した状態です。
    甘いものや冷たいものがしみるようになります。
  • C3 歯の神経やその近くまで虫歯が進行した状態です。非常に強い痛みを感じます。
  • C4 歯全体に虫歯が進行した状態です。
    歯の周辺にも病気の影響が及び、歯を残すことが難しくなります。